非常用発電機・メンテナンスのことなら大海技建

 

非常用発電機

 

点検が行われていない背景

点検が行われていない背景
 
 点検が行われていない理由としてこれらの原因があります。
その中でも”停電できない”施設はほとんどの場合で負荷運転による点検が行われていません。
この理由は、大規模な施設での負荷運転ができない理由の約75%を占めています。
 
 また、疑似負荷装置を使用すると高額な費用がかかる為、負荷運転点検を行わない場合も・・・
その他に、時間がないどの業者に頼んでいいのかわからないといったことも点検を行っていない原因の一つとなっています。
   
決められた点検期間を守っていますか?
  地震・台風・ゲリラ豪雨・豪雪・ビル火災・・・
 近年では停電時に防災設備に電力を供給する”非常用発電機”の重要性が注目され、導入する施設や企業が増加しています。(※施設の規模や用途によっては設置義務があります)
 しかし、導入後の定期的な法令点検が行われていない発電機が多発し、正常に稼働していない状態のものもあります。
点検期間は消防法によって定められており、施設ごとに異なります。
 
■電気設備技術基準に定められた保安用電源
 電源供給が途絶えた場合、電気設備の機能を維持するための「保安用電源」や「業務用電源」
■消防法における非常電源
 消防用設備への電源供給が途絶えた場合に使用する「非常電源」
 ・定格負荷60分以上連続運転できること
 ・燃料油は2時間以上の容量を持つこと
 ・40秒以内に電圧確立すること
■建築基準法における予備電源
 非常用照明、排煙機などの電源として使用する「予備電源」(消防法における非常用電源と併用可)
 ・30秒以上電源供給できること
 ・30分以上連続運転できる容量を持つこと
 ・40秒以内に電圧確立すること
   
 

模擬負荷試験装置を使用した点検方法

模擬負荷試験装置を使用した点検方法
 
 

総合点検のおける重要ポイント(負荷運転)

総合点検のおける重要ポイント(負荷運転)
 
・国土交通省「建築保全業務共通仕様書」
・総務省 消防庁 告示「自家発電設備の点検基準」通知「自家発電設備の点検要領」において
年1回定格出力の30%以上の負荷運転を行い点検し、結果を報告することが定められています。
点検時に負荷運転を行わないことは、カーボンの蓄積など、発電機に悪影響を及ぼすだけてなく、
発電機所有者や点検業者に対して法的な罰則が与えられます
 

法令違反による主な罰則規定

法令違反による主な罰則規定
 

問い合わせはこちらから

問い合わせはこちらから
 
<<株式会社 大海技建>> 〒899-1741 鹿児島県阿久根市大川4759 TEL:0996-74-0202 FAX:0996-74-0695